トップページ > 転職サイトの選び方! >  ふるいにかけるポイント

ふるいにかけるポイント

とりあえずは複数の転職サイトに登録したとします。

ここから最終的には1社経由で就職するわけですが、
その際に一体何をポイントに選べばいいのでしょうか?

ここでは転職サイトをふるいにかけるポイントについて書いてみます。

キャリアアドバイザーがどれくらいの知識・経験を持っているか?

一番の選定ポイントになってくるのは、
キャリアアドバイザーの質です。

キャリアアドバイザーに明らかに経験が無く、
病院側(の採用担当者)との意思の疎通ができていないとか、
こちらが話していることの意味を理解できていないなどの場合は、
他の転職サイトを使うことを検討した方がいいでしょう。

こういった人は給与面の交渉など、全ての面で期待はできなくなってしまいます、、

もし、転職支援金が下りるから、とか、
求人自体は自分の希望に完全に合致している、などの理由で、
どうしても今使っている転職サイトがいい場合は、
キャリアアドバイザーの変更を申請することも可能です。

転職業界ではキャリアアドバイザーの変更というのは通常応じてくれる場合が多いですので、
転職サイトを変えるのがいやならば、勇気を出していってみるといいと思います。

意外とすんなりと変えてくれたりします。

求人の質・量が予想以上に少なく、希望に合った求人が1件も無い!

転職サイトの多くはほとんどの求人が非公開求人となっているため、
実際にその転職サイトに登録してみないと、本当に自分の希望に合った求人があるかどうか?
というのはわかりません。

ですので、登録はしたけど、キャリアアドバイザーが提示してくれた求人が、
自分の希望に全く合わないものばかりだった、、ということもありえるわけです。

この場合、キャリアアドバイザーが意地悪をして、
わざとあなたに合わない案件を出しているとはまず考えられませんので、
転職サイトを変える以外に改善する方法は無いでしょう。

この場合は、他の転職サイトを使うようにしましょう。

上記のポイントを踏まえて総合的にふるいにかける!

上記のようなポイントを踏まえて総合的にふるいにかけます。

ただ、どの転職サイトも甲乙付けがたい場合は、
すべての転職サイトを内定するまで並行して使ってもいいと思います。

転職サイト3社であれば3社の求人の中から一番条件に合った求人を選べばいいわけです。

必ずしも無理に転職サイトを1社に絞る必要はありません!

このページのトップへ↑