トップページ > 転職支援金がもらえるってホント!? > なんで何もしていないのに大金がもらえるの?

なんで何もしていないのに大金がもらえるの?

「転職サイトのデメリット!」のページでも説明しましたが、
医療機関は転職サイトから1人看護師を紹介してもらうごとに、
その看護師に支払う年収の役20%程度の金額を、
人材紹介報酬として転職サイトに支払います。

たとえば平成20年度の全国の看護師の平均年収は474万といわれていますが、
仮に就職した看護師の年収が450万円だった場合、
採用した医療機関は450万円の20%、つまり90万円を転職サイトに支払うわけです。

この中からさらに10万円、
実際に転職をした看護師に支援金として支払われるわけなのです!

ですので、転職サイト側からすれば、
転職支援金を看護師に支払ってでも、
自社の転職サイト経由で就職を決めてほしいと思っている
わけなんです!

仮に人材紹介報酬が90万として、そこから転職支援金を10万円看護師にしはらうとすれば、
のこりの80万円であなたの世話をするキャリアアドバイザーの人件費を払ったりしているわけです。

なので、あなたは世話をされているだけでも就職さえ決めれば、
転職サイトにとってはかなりのメリットになるのです!

ですので、遠慮せずにキャリアアドバイザーに相談したり、
世話をしてもらっていいのです!

これは職を求める看護師側にしてみれば、すっごくお得な仕組みですよね♪

また、上記のパターンとは少し違った仕組みで支援金を支給する転職サイトもあります。

それは、厚生労働大臣の認可が下りている転職サイトで、
その転職サイト経由で転職・就職に成功すれば国から再就職手当てがもらえます。

簡単に言うと、失業保険の給付日数がある程度残っている人が就職を決めた場合、
就職手当てとして失業保険を前倒しで受給できる制度なのです!

つまりハローワーク等からの紹介と同じ位置づけになるんですね♪